読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切手のないラブレター コラム

ニヤニヤ喜びます プンプン怒ります メソメソ哀しみます ワイワイ楽しみます  

WBC戦犯探し~団体競技の嫌な所

相変わらずサッカーと野球というのは人気があって、俺はどっちもやってたけどサッカーは見るの嫌いでね笑  サッカーの大きな大会があると国中が沸くけど、勝っても負けても興味ない やってたのにね笑

 

大きな大会といえば22日のWBC!

 

俺は野球は見るのも大好きでアメリカ戦の直前はうずうずしてたよ

 

準決勝までの破竹の勢いの時は見なかったけど、アメリカは見たね。理由?負けるような気がしたから。それまでの試合は勝てるだろうし結果だけ聞けばいいやと思ってた。

 

アメリカとの試合は予想通りの投手戦。というより投手対投手の殴り合いみたいな試合だったね。バッターがみんな脇役に見えた。

 

投手戦となれば必然守備が大事になってくる。菊池のエラーで先制点を失うもすぐに菊池のホームランで同点になった。菊池も嬉しかっただろうね。

 

同点になってからはテレビから用事の為に車のラジオに切り替えたんだけど、サード松田のお手玉の間に三塁ランナーがホームインしてしまった。そしてそのまま試合は2ー1でアメリカが勝った。

 

一部では松田を非難していたけど・・・まあ戦犯探しね。

 

見てた人は知ってると思うけど、松田はこの試合なんどもファインプレーをしていたわけだよ。それなのにあれだけで非難されてしまう。

 

話しは小さくなるが、俺も少年野球の市の大会で最初にエラーして、その後みんなに白い目されたけどさ。俺はチームの打点王だったわけよ。だから心の中では、

 

「バカヤロー。市の大会に出れたのだって俺のガンバリもあったじゃねえか。一つのエラーで全て台無しみたいな顔すんなよ!」

 

って思ったね。思うにディフェンスは大変よ。投手もたった一球で泣かされるし。

 

でもバッターは最初ダメでも最後打てればいいみたいなね。ディフェンスは減点方式だからどんな最初よくても一つでもダメだとそれで終わり。

 

松田にしてもあの試合はいいプレーしてたわけで、もし松田のファインプレーなかったらもっと大差で負けてたかもしれない。

 

団体競技の嫌な所はここだよ。それが嫌で個人競技してる奴だっているくらいだしさ。

 

特に投手戦ってホント辛い。

 

団体競技で負けた時というのは誰のせいというより、運命論的な部分もある。一部だけ取り上げちゃ見えてこないって。

 

まあでもいい試合だった。それに皮肉でもなんでもなくアメリカにそろそろ優勝してもらわないと。

 

横綱は本場がいいんであって、一度も優勝してない野球の本場アメリカが優勝して、次は決勝でアメリカを倒したいね。