読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切手のないラブレター コラム

ニヤニヤ喜びます プンプン怒ります メソメソ哀しみます ワイワイ楽しみます  

女のおっぱいに興味がなかった江戸時代

女のおっぱいが性の対象になったのは明治時代からだというね。

これも西洋の文化らしいけど、どうりで江戸時代は混浴だったわけだよ。

おっぱいというのはまさに、

「赤ちゃんにおっぱいをあげるため」

のものだけだった。そして、巨乳は嫌われていたという笑

理由は、

「着物が似合わないから」

だという。

おっぱいを見て、興奮しだしたのは最近なんだよな、日本ていうのは。

ブラジャーなんかも関係あるらしい。

まあ秘すれば花というしね・・・

以前、友達に連れられて「おっぱいパブ」なるものに行ったのだが、一瞬はみんな裸なのですげー!と思ったが、

一時間もすると飽きてきた。

江戸時代の混浴もこんな感じだったら大したことないね。

明治時代までの女性のセックスシンボルと言ったら、

うなじ ふくらはぎ お尻

だったそうな・・・

これは今でも美しいよね

だから巨乳ばかり目指してる女だらけの平成はアホだっていうの・・・笑