読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切手のないラブレター コラム

ニヤニヤ喜びます プンプン怒ります メソメソ哀しみます ワイワイ楽しみます  

悲しい仕事について

先日ツイッターのつぶやきで、

 

働いているなら雇用形態はなんでもよいのだ 「働いているか」「働いていないか」が問題 いわんや職種バカにしてる人間を、誰に笑われても俺はそいつを軽蔑するつもり

 

とツイートしたのだが、俺は本当に仕事をバカにしてる奴とは友達になりたくないし、結婚もしたくない。

 

仕事なんかしたくない・・・というのはまだ許せる。

 

そりゃしたくないと思う。でも、人生は暇つぶしの連続であって、大金があれば仕事なんかしたくない、という奴ほど金が入っても大して「遊べなかったり」するものだ。

 

本当に無職じゃなきゃなんでもいいじゃないか、というのが本当の教育だと思う。

 

ただし・・・

 

以前コールセンターの仕事をしたことがあった。その仕事は各家庭に電話してこういうのだ。

 

「靴一足でもいいからいらないものありますか?」

 

とね。しかし古くてしょぼい靴なんて金にならない。とにかくアポを取って家にまでいくのだが、目的はもちろん靴ではない。

 

玄関先に行って、金属類(ネックレス、アクセサリー、時計)をどうにか出してもらおうという仕事だ。

 

いきなり、

 

「貴金属の買取なんですが」

 

と電話したら怪しまれるので、いらない靴なのである。

そこまではよかった。しかし、研修のときに聞かされた。

 

「30代40代50代の若い女性は無理なので60代以上の女性にしよう」

 

とね。

 

しかし30代~50代の女が若いとは思えないのだが、不思議に思っていた俺は、研修室から現在勤務している人々の声がたまに聞こえてくるのだが、休憩後のミーティングだろう。せっせとメモを取っていた腕が止まってしまった。いや、止まったというより氷ついたといっていい。

 

「おばあちゃんを狙うように」

 

なるほど、それじゃ50代女性も若者だ。

 

要するに、ネックレスもつけなくなって、オシャレから程遠いおばあちゃんなら、貴金属が家に眠ってるだろうし、相場もごまかして、買い取っちゃえ!という魂胆なんだろう。

 

俺は営業には自信があった。しかし、おばあちゃんだましてまで仕事はしたくない。

そもそもこれも仕事なのであろうか?

 

俺はその日の夜メールで、老人をターゲットにするような仕事は出来ないので、やめますと送った。