読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切手のないラブレター コラム

ニヤニヤ喜びます プンプン怒ります メソメソ哀しみます ワイワイ楽しみます  

古い服は元カノの魂

さっきチャットで

「みんなは服よく買いにいくの?」

といわれて考え込んでしまった

 

もう二年は服を買っていないことに気がつく 

なぜ二年と覚えているかというと彼女が二年前にいたからだ 

恥ずかしながら二年彼女がいない

 

 

基本的に全くオシャレに興味のない俺 

女でも出来ない限り服はかわない

従ってたまに街に出かけるときに服を引っ張り出すと、当時つきあってた彼女のことを思い出す

この服買って着ればきっと彼女はほめてくれるだろう 

なんて思いながら買った服

女っ気のある時期はとにかく服に金をかける 

食べ物より服だ

女っ毛のない時は服よりも酒だ

 

女がいないから服を買わないのか?

服を買わないから女がいないのか?

 

間違いなく同時並行だろう 

オシャレに金をつぎこんで初めて若者といっていい 

その理屈からいくと19でおじさんもいるし、

40代でも若者はいる

ちなみに重度のうつ病患者も新しい服を着ると、一瞬救われた気になるという

衣食住とあるだけに服(ころも)にもやはり金をかけなければいけないと思った日だった