読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切手のないラブレター コラム

ニヤニヤ喜びます プンプン怒ります メソメソ哀しみます ワイワイ楽しみます  

ドン引きの女

この話しを聞いたとき本当に女って生き物がいやになった

当然この話は女すべてが思ってることではないだろうが、とにかくイヤになってしまったのである

思わずインポになるかと思った

 

男と女の最大の違いは力である

例外を除いては男のほうが断然力がある

 

女が重いものを持っているとき、たいていの男は

 

「もちましょうか?」

 

と聞くと思うのだが、ある女がこういった。

 

「重いものを持ってるとき男から持ちましょうか?といわれると下心を感じてしまう」

 

・・・・・・俺はこれを聞いたとき完全に腐ってしまった

いまではもう重いものを持っている女に

 

「持ちましょうか?」

 

といえなくなってしまった。

というか絶対に言わないと決めている

 

この話しを聞いた女子はどう思うであろうか?

 

重いものを持っているときにとなりでシカトとている男は、俺のような気持ちでいるやつかもしれない。

 

せめて重いものくらい持ってやるのが男だろうに・・・

何も若い女でなくとも、老若男女問わずだ

 

以前配達の仕事をしていたとき、それはコンビニに飲料水を運ぶ仕事だったのだが

店舗前が急な坂で全く上っていかなかった

 

いやむしろゆっくり下がっていくのであった

 

しかしある瞬間急に加速がついたように台車が動き出した

 

街中で踏ん張っていた俺を哀れに感じたサラリーマンが、俺の背中をぐいっと押したのであった

あの時のやさしさを決して忘れない

 

男同士でも困っているときは力を貸すというのに・・・

 

「下心を感じる」

 

女の自意識過剰さにはある意味トラウマにさえなっている

 

きっと女全部がそんなんではないのだろうけどね

 

書いてても実に気分の悪い女の話しだなーと改めて思う