読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切手のないラブレター コラム

ニヤニヤ喜びます プンプン怒ります メソメソ哀しみます ワイワイ楽しみます  

市長への手紙

川崎に対しては件名のような気持ちでした。想いが届かない。この街を誰よりも嫌っているくせに、他の町の人間に川崎をバカにされると真剣に怒る。その地元愛ははかりしれない。

自分は川崎小田出身の人間です。元芸能人で歌手をやっていました。現在も作詞作曲はやっています。ライターでもあります。

川崎はどんなにキレイになっても工業地帯、風俗、ギャンブルのイメージがあって、殺人事件が起きれば「待ってました」とばかり川崎は非難の対象になりますね。

でもラゾーナ川崎筆頭に他の街からも認められるようなものも沢山出来てきたので、小さいことからでも変わっていけばいいと思っています。

街をこうしたらいい、というアイデアは沢山ありますが書ききれないので今後も送らせてください。俺は決して反社会勢力の人間ではありません。この街をもっとかっこいい街にしたいと思っているアーティストです。今日は川崎駅東口についてです。俺達は川崎で待ち合わせるとき、時計台で待ち合わせしますが、みんなもそのようで結局待ち合わせても、携帯電話でさがさなければならないほどに混雑しています。一度仕事の打ち合わせで、お互い顔もしらない同士で待ち合わせしたときは実にスムーズに待ち合わせることが出来ました。それは、待ち合わせしていた人が、時計台の後ろにあるカベのポスターの絵を説明してその下にいますと言ったのでした。俺は思いついたのですが、あそこのガラガラのカベを等間隔で区切って番号をつけて、色々なポスターを貼ってはどうでしょうか?  そうすれば、「今一番の飛行機のとこにいる」などとすぐにわかると思います。渋谷でもハチ公口などで待ち合わせても、結局携帯を使うことになるけど、これなら待ち合わせスポットとしても流行ると思うし、まず第一に待ち合わせがスムーズに行きます。そのポスターは各企業の宣伝ポスターでもいいと思います。そんな街はいまだないので有名になると思いますよ。
あと時計台です。どの街も時計台は、いわばシンボルマークであって、どの街もかっこいいのに川崎の時計台はただの時計台で残念です。お金などかけなくてもいいのです。たとえば、音楽の街をうたっているのだから、ギターやピアノなどのかざりをするだけでもオシャレだしアピールになると思います。
「音楽の街かわさきに来たなー」
という実感が他の街から来た人に伝わってほしいものです。