読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切手のないラブレター コラム

ニヤニヤ喜びます プンプン怒ります メソメソ哀しみます ワイワイ楽しみます  

冬に裸でも寒くない方法?

寒いと沢山服を着るようになるのだが、同じ部分ばからり厚着でどっかうすら寒い感じがする。

まず寒いと上着を思い出す人も多いと思うが、俺は冷凍倉庫で働いていた経験があり、下半身ほど防寒服が必要であることをしっている。

冷凍倉庫は-20℃の世界。まず血液の少ない耳たぶと手先がまずやられる。そしてつま先がやられる頃には、寒いというより痛くなってくる。

上半身は心臓があるのでさほど寒くはない。いやもちろん寒いのだが、だいたい人は上半身は着ているものだ。

 

三首とよくいわれる。首 手首 足首・・・この部分が一番寒さ対策には重要だそうな。確かに冷凍倉庫で働いていて、この部分になにか当てると全然違う。

極端な話し、立派な防寒服を着ていてもこの三首をおざなりにすると寒さにやられる。

いっそ裸になって三首だけを暖めた方がいけるのでは? と思うこともある。

実際冷凍倉庫の中で、裸になったらどんなだろう、と思って試してみようと思ったが、人が入ってきたら本物の精神異常者だと思われるのもイヤなのでまだやっていない。

もしやるのなら、三首だけ暖めてあとは裸で試してみたい。恐らくまあまあいけるのではないかと思っている。寒さ対策には三首をお忘れなく。