読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切手のないラブレター コラム

ニヤニヤ喜びます プンプン怒ります メソメソ哀しみます ワイワイ楽しみます  

恋に落ちる運命にある人

「恋する運命にあるものは一目で恋をする」

これはシェークスピアの言葉だが、だいたいにおいて当てはまっている

過去の恋はほとんどが一目ぼれといっても過言ではない。誰かが、恋は一目ぼれかナンパしかない、といっていたがそう思う。話しているうちに好

きになった、というのもあるが、それにしてもどちらかが話しかけたのだろうし・・・

恋に落ちる運命と同様に、全く縁のない人というのもいる。ブス、ブオトコといいながらも人間には、多くの異性が用意されていると思う。しかし、縁のない人の数は桁違いに多いだろう。もし20億人の女がいたら、19.999・・・くらいの人とは恋に落ちない。それを思うと「袖口触れるも他生の縁」という言葉がすんなり入ってくる。恋人というのは、役所に正式に届け出る必要もないのであるが、とっても貴重な異性であることは間違いない。